エコロジーな野遊びをグランピングストーブで

更新日:11月15日


SDG’sで持続可能な社会への注目が集まっています。

高性能な薪ストーブで、少しだけ、地球にやさしいアウトドアを始めませんか?



エコを意識した野遊びのススメ



ここ数年、アウトドアブームが再燃し、火のある暮らしを楽しむ方々が増えています。

特に、自分で育てた焚き火を眺めながらのアウトドア体験は、豊かな時間の過ごし方のひとつですね。


「キャンプシーンでこれだけは外せない」という楽しみが、「火を眺めること」という方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。



日常から離れて自然の中で過ごす、「火を眺める時間」は、子供から大人まで、ワクワクするかけがえのない時間をもたらしてくれます。




市街地や住宅地では敬遠されがちな煤や煙も、キャンプ場や大自然の中では、それすら楽しむことができますが、

煙や煤を極限まで削減した、住宅用薪ストーブのクリーンな排気性能を持つADVENTURER 5なら、

もっと地球にやさしいアウトドアをご提案できます。




薪ストーブ、住宅用とキャンプ用の差とは?



焚き火などを含めて、薪の燃焼時には少なからず、大気汚染物質や、温室効果ガスが発生します。


日本では、まだまだ、煙突が立っている住宅の方が少ないですが、

最も一般的な住宅用の暖房器具として取り扱ってきた歴史の長い欧州各国では、

環境への影響を懸念して、薪ストーブにも排気ガスの規制が設けられているんです。


特に、2022年から欧州で施行されたEcodesign法では、

薪ストーブの性能について、

燃焼効率や、排気中の温室効果ガスと大気汚染物質の含有量について制限があり、

この基準をクリアしない薪ストーブは、欧州での販売が認められていません。


Ecodesign法では、薪ストーブだけではなく、

電力などエネルギーを使用する製品に

「効率よくエネルギーを使えること」

「地球環境を汚染するような影響が少ないこと」などの基準が設けらており、

エコロジーを前提とした製品設計が、欧州全体の法規制で求められる時代。


そんな背景から生まれている住宅用薪ストーブは、

エネルギー性能も、クリーン性能も一味違います。


環境問題については、

地球で暮らす私たちひとりひとりが関心を持つことが第一歩です。


製品のクリーン性能というポイントで製品を選ぶことで、

自然の恵みに対して、少しでも還元できるアウトドアを楽しんでみるのはいかがでしょうか?



GO ECO ADVENTURER 5の魅力


▶ GO ECO ADVENTURER5 GLAMPINGSTOVE / ゴー エコ アドベンチャー5 グランピングストーブ



本体は厚みのある鋼板でつくられ、炉内には蓄熱性の高いセラミックプレートを使用することで、熱を逃さず緩やかなヒートサイクルを実現。

また、燃焼効率は86.0%を誇り、燃料である薪をしっかりと熱に変換できる高効率薪ストーブです。

薪という自然の恵みを余さず熱に変え、その熱を蓄え緩やかに放つ。

このような特性から、薪の消費量を少なく抑えることが可能になります。



地球の未来にフォーカスした、厳しい環境政策を打ち出す欧州で流通しているストーブだからこそ、排出ガスのクリーンさは最高峰レベルです。


これまで薪ストーブは住宅用とキャンプ用とで、それぞれの用途に特化した仕様の製品が幅広く展開されてきましたが、

住宅の暖房設備として活躍し、キャンプにも気軽に持ち運べる、

ロケーションを自由に選べるところもADVENTURER 5の最大の魅力。


インサイドでもアウトサイドでも楽しめる、そんな1台です。




アウトドアアクテビティは、自然の中で楽しめる遊びのひとつだからこそ、少しだけ、地球にやさしい火の楽しみ方を選んでみませんか?


ADVENTURER 5との冒険があなたを待っています。



閲覧数:99回