©2019 Charlton&Jenrick Ltd 

Charlton & Jenrickについて
(チャールトンアンドジェンリック)

1986年、イングランドシャロップシャー州 テルフォードで創業。

創業者のバーリー・チャールトンとビル・ジェンリックはガス供給会社の勤務時代に出会い、それまでのガス燃焼における技術と知識を活かしガス暖房機器メーカーとしてスタートしました。

2010年頃、イギリスでは欧州の新排出ガス規制制度『Ecodesign/エコデザイン』が2022年より施行されるだろうと囁かれはじめました。

イギリスの暖房機器を管理監督する行政機関 HETAS からガス燃焼におけるスペシャリストとして、薪ストーブの排出ガスがエコデザイン法の求める規制値を満たす事が可能であるか調査依頼を受け、当時は困難と思われていた規制数値クリアが可能であると実証した事をきっかけに薪ストーブ事業に参入いたしました。

その後、Charlton&Jenrickは2022年施行のEcodesign readyを見据えて、ガス燃焼の様々なノウハウを駆使し開発に取り組みました。

そして、法令施工より9年早い2013年には革新の燃焼技術を実装させたピュアヴィジョンシリーズを市場へ投入したのです。

80%を超える高い燃焼効率とエコデザイン規制の基準を大きく下回る低排出量を同時に実現したハイパフォーマンスを可能とする燃焼技術はイギリスの薪ストーブ業界に新たな基準を作り出しイギリス薪ストーブ業界のベンチマークとなりました。

全ての製品ラインナップがEcodesign ready認定最初の登録モデルとなっています。
クリーンな排気を可能とする薪ストーブにより真のカーボンニュートラルが実現します。

 

そんな未来の薪ストーブが Charlton & Jenrick です。

世界先端の環境規制国家イギリス

イギリスは人類最初に産業革命を遂げ多くの人類に貢献した国であると同時に、人類最初の大気汚染公害を呼び起こした国でもあります。

そして現在は、2050年までに石油や天然ガスに頼らず温室効果ガス排出を正味ゼロにする為の法律を制定した最初の主要経済国となりました。

ガスボイラー等の暖房手段をグリーンエネルギーに移行し自動車等を化石燃料から電気エネルギ―へ代替えし、ウォーキングやサイクリングなどのゼロエミッションの交通手段を推進するなど国家プロジェクトとして環境改善に取り組んでいます。

ECO DESIGN READYとは

前述の取り組みの一環として、カーボンニュートラルと言われる薪ストーブが注目され大きな変革を遂げようとしています。
当初は薪ストーブも環境汚染の要因として指摘されていましたが、高性能な薪ストーブに限定する事で、環境改善の有効な手段となり得る事を公共へ訴えかける為に薪ストーブメーカーの有志団体であるSIA(Stove indastory Alliance)が Eco design readyという新たな排煙基準の枠組みを策定し、国家機関であるHETAS( Heating Equipment Testing and Approval Scheme )へ働きかけDefra(Department for Environment, Food and Rural Affairs)の賛同を得て法制化されました。

そして2022年よりSIAが策定したEco design readyという新たな排気規制がスタートします。
これまでの排気ガス規制に加え、CoやCo2、PMの排出規制を強化し更にはNOx、OGCの排出に対しても規制が加わります。

これまで厳しいと言われてきたDEFRA認証に比べて微粒子排出量を55%も削減が必要とされています。

2022年1月1日以降は規制値をクリアした機種のみが生産、販売が可能となる厳しい法制度なっており、SIA Eco design Ready 認証ストーブは欧州における最高レベルのクリーン性能と熱効率性能を持つ薪ストーブであるという証明になっています。
 

微粒子排出量の低減を実現

Eco design ready 認証ストーブは暖炉などのオープンスタイルに比べて90%、10年前の薪ストーブに比べて80%と大幅なPM(粒子状物質)の削減を達成しました。
なかでもCharlton&Jenrickは2022年からのEco designや最も厳しいEUのレギュレーションに比べても最大75%の微粒子排出量の低減を実現しています。

熱への交換効率も改善

Eco design ready stove は熱への交換効率も改善しており薪の消費量も大幅に低減しています。
新世代の薪ストーブは環境に優しくユーザーの負担も軽減します。
大切なグリーンエネルギーから最大限の熱エネルギーを取り出す事が可能となっています。

イギリス薪ストーブ業界の

リーディングカンパニーとして

Charlton&Jenrickの持つ先進の燃焼技術などが業界でも高く評価され代表取締役 ピーターミントフトはSIA技術委員会議長も務めており名実ともにイギリス薪ストーブ業界のリーディングカンパニーとなっています。

Charlton & Jenrickは薪ストーブメーカーでは数少ないISO9001、ISO14001規格の取得企業です。